葬儀の流れ

flow01

1.臨終

医師より臨終を告げられましたら、葬儀社に連絡をします。また、医師より「死亡診断書」を預かります。死亡診断書の左半分は「死亡届」になっており、役所の手続きの際に必要になりますので、故人様に一番近い方がなくさないように持ちかえるようにしてください。

flowallow

flow01

2.故人様の搬送

故人様の搬送先を決め、葬儀社に伝えます。生活環境の問題でご自宅にお連れするのが難しいときは、葬儀社の安置室などを利用します。搬送の際は、「死亡診断書」を持っている方が同乗するようにしてください。

flowallow

flow01

3.打ち合わせ

喪主や世話役の決定、葬儀の日時など打ち合わせを行います。お寺などの宗教者とのお付き合いがあるときは、直接日時のお伺いをしましょう。必要に応じて打ち合わせ担当者が宗教者との連絡のお手伝いをいたします。

flowallow

flow01

4.納棺

亡くなられた方をお棺にお休みいただく大切な儀式です。最近では納棺の前に、湯灌(ゆかん)の儀を行い、身を清めてから納棺をします。故人様の愛用品など、棺に入れて持たせてあげたいものをご用意ください。(火葬場により入れることができないものがありますので、ご確認ください。)

flowallow

flow01

5.通夜

【通夜段取り】供花の札の順番や席順、式次第など、葬儀社と打ち合わせします。言葉の由来では夜を通して故人をお守りするということですが、最近では都市部を中心に、通夜に参列(弔問)される方が増えています。【通夜振る舞い】参列(弔問)に来られた方におもてなしの料理を振る舞います。 ※地域によっては通夜振る舞いを行わないところもあります。

flowallow

flow01

6.告別式~火葬~解散

【葬儀の段取り】弔電があれば読む順番を決めるなど、当日の流れを確認します。精進落としの料理の追加があれば早めに担当者に伝えましょう。【お別れ】お花を手向け、故人様との最後のお別れをします。【火葬~拾骨】火葬が終わると「埋葬許可証」が「」が発行されます。地区によっては「火葬許可証」に証印を押されたものが返却されます。これは納骨の際に必ず必要になりますので注意してください。火葬場によってはお骨壷の箱に入れるところもありますので、しっかりと確認をしてください。

斎場案内

天祥院 外観

天祥院 本館

〒144-0053
東京都大田区蒲田本町2丁目32-6
京急線「京急蒲田駅」徒歩5分

天祥院 外観

天祥院 新館

〒144-0054
東京都大田区新蒲田1丁目14-1
京浜東北線「蒲田駅」徒歩10分

天祥院が目指す葬儀の形

天祥院 外観

天祥院の葬儀は本当に必要なものをセットにし、安心価格で無駄ない心で送る葬儀を目指しております。

ページトップへ